エリオットウェーブ理論 – 拡大三角形の種類

収縮三角形には3種類あり、同じ事が拡大三角形にも当てはまることが分かっています。唯一の違いは、この拡大三角形は収縮三角形よりも稀に現れるという事です。しかし、拡大三角形の一部の種類のことについて、この記事でカバーすることにしており、それほど稀なことではなく、外国為替市場ではとりわけ形成される事があります。つまり、かなり流動性が高い外国為替市場は時に全ての種類の三角形が形成する多くのレンジ内で収まります。 これまで、三角形の形成を重点的に扱った外国為替トレーディングアカデミーで記事が多くある理由におそらく疑問に思っているのでしょう。その答えは、正にそれらがとても共通しているからです!エリオットは10種類以上の三角形を見つけ、その性質に基づき、それらが全体のエリオット波動のカウントにおいて、様々な場所で現れます。

簡単なレビューとして拡大三角形に戻りますが、それは三角形の全ての5つのセグメントが調整的なものであるという意味において3つの波動の構造になっており、複雑な調整の一部になっている様に見える場合が多いです。(複雑な調整の定義としては、それを重点的に扱った記事を参照してください。) 拡大のいかんに関わらず、他の三角形の場合にあるように、カギはb-dトレンドラインに留まっており、このラインがブレイクされるまでは、全体のパターンが完成すると見なされます。このb-dトレンドラインは通常、クリーンなものとなる必要があるため、簡単に見分けがつきます。それはC-波動やe-波動の部分が三角形完成前にこのトレンドラインをブレイクしないということを意味します。

拡大三角形の3種類

収縮三角形の先端をフォローすると、市場が形成する拡大三角形の種類を特定するには、非常に基本的な定義から始まり、変化を適用していくということになります。それで、収縮三角形の場合、古典的な種類は前のものよりも小さい三角形のセグメントを有し、拡大三角形の場合は、ロジックは、各々のセグメントは前のものよりも大きくなるということが分かります。そして、これがエリオットが見つけた拡大三角形の最初の種類に至ります!

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

水平的な拡大三角形

types of expanding triangles1水平的な拡大三角形はとりわけ、水平に拡大しています。各々の足がここでは前のものよりも大きいということを覚えておいてください。外国為替トレーディングアカデミーでのここのでの他の記事であるように、日足以上のチャートなど長い時間枠で三角形が形成される場合は特に、そうした動きは本当にたちが悪いです。そうした三角形は実際、通貨ペアを特徴付ける不確実性の期間の結果です。通貨ペアは通貨が表す2つの経済間の差に基づいて動くことを覚えておく必要があります。これは、時に2つの国の金融政策が異なるため、経済リリースの内容に関わらず、市場が次の動きについて決めかねており、フェイクの動きのみがその外国為替ペアを支配することになることを意味します。この種の環境は拡大三角形の形成となる可能性が高いです。しかし、全ての拡大三角形から、水平的なものはあり得る最も稀なものです。前のものよりも大きい各セグメントがあるということは、それほど一般的ではなく、そのため、そのような三角形を目にした場合は、間違っている場合があり、市場は別のものを形成しています。三角形のルールは、この種の三角形でもリスペクトされるべきです。

イレギュラーな拡大三角形

types of expanding triangles2イレギュラーな拡大三角形がどのようなものであるのかを正確に示すために、やるべきことはイレギュラーな収縮三角形の定義に戻ることです:b-波動は三角形の全ての他のセグメントよりも大きいとに形成されるもの。それが収縮パターンで当てはまるとき、それは拡大パターンにおいて、丁度反対になることを意味します。それで、拡大三角形の定義ができます:各々の足は前のものよりも大きい三角形で唯一例外となったb-波動を伴います。そのような三角形は、水平なタイプよりもずっと一般的であり、2つのトレンドラインの拡大する性質はさらに見えるものでもあります。これはb-波動

継続中の拡大三角形

types of expanding triangles3継続中の収縮三角形と比較すると、これはより頻繁に現れます。継続のコンセプトは同じですが:三角形は前の波動の終わりの上か下で終わります(三角形は強気か弱気であるかに応じて)。この継続する特徴は、トレーダーにより誤解されることが多いですが、これは頻繁に現れるわけではありません。それが形成されることを把握することは、どのトレーダーにとっても大きな優位性となります。継続している拡大三角形を定義するために、我々は収縮するタイプから再度始め、ちょうど反対の方向に事を行うべきです。この手順の後の継続拡大三角形は、三角形の形成を行う5つの内の最小のセグメントとしてb-波動を持ち、c-波動よりも小さいd-波動、そしてd-波動より大きいe-波動。そうしたパターを作るのは上記の説明を読むと複雑に聞こえるかもしれませんが、実際はどの時間枠であれ、外国為替市場で形成される最も一般的なものの1つです。正確にこの三角形を構築する場合、一連の3つの安値(三角形が弱気である場合)、あるいは3つの高値(三角形が強気である場合)に至ります。急に価格が反転する前に、一連の3つの高くなる高値、または下がる安値を目にするためたけにチャートを何度、見たことがありますか?その一連の動きは継続する拡大三角形にすぎません。

ここで説明したこうした三角形で、三角形の形成についてエリオットが見つけた全ての可能性を網羅しました。それはよく形成されるため、波動をカウントする時はそれは本当に重要です。実際、市場が行う複雑な調整のほとんど(そして複雑な調整波単純なものよりもよく形成されます)は、少なくともその構成要素で1つの三角形となります。そうした三角形は収縮、あるいは拡大のいずれかでありえ、我々はここで形成される可能性のある全ての種類をリスト表記しました。三角形の種類に関わらず、1つの事がとりわけ重要になります:b-dトレンドラインが破られるまで、反対の方向でのトレーディングを目指すべきで、e-波動の終わりのポイントにストップロスを置きます。

Was the information useful?
エリオットウェーブ理論 – 拡大三角形の種類