BOJ会合に関する必須情報

どの重要な経済データリリースが行われるのかについての予定日を予め把握しておくことはすべての真剣な投資家にとってとても重要です。経済カレンダーはトレーダーが金融市場でボラティリティが高まるのがいつであるかを予想し、それに応じたトレーディング戦略を計画するためのこうした主要イベントを説明しています。損失を受ける可能性を最小限にするためにこうした時期に投資を控えることを好む投資家がいますが、専門家の意見を勘案し、こうした発表の結果を予測する戦略を計画することを好む投資家もおり、予想の結果に投資し、大きな利益を上げることが可能になるポジションをとることも可能です。経済カレンダー上で特定できる多くの重要な日付があります。しかし、外国為替市場で関心がある誰にとっても最も重要なものの1つが日銀会合です。こうした会合の開催予定日を把握することで、スキルのあるトレーダーは、そのイベントで確実に発生するボラティリティに対して事前に準備することができます。

日本銀行(BOJ)とは何か?

bojBOJは日銀の略字です。この国の中央銀行は日本銀行法に基づく法定組織です。民間の法人でも政府の省庁でもありません。時に日本銀行は日銀と称され、東京都中央区に本店があります。日本銀行法は、通貨や通貨政策の全ての管理実施のみならず、国の銀行券の発行を行う銀行の目的を定めています。また、日本の金融システム内の安定維持を行い、国の経済の強固な発展に寄与するために金融機関や銀行間スムーズな資金決済の確保を担っています。日本銀行と特に日銀総裁は、日銀政策決定会合と併せ、日本の経済政策に重要な影響を及ぼし、日本円の金利に関する決定は世界中の経済に影響を及ぼします。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

日銀政策決定会合には誰がいるのか?

日銀政策決定会合は同銀行の政策決定を行うための最高機関として設けられました。その付託された権限の一部として、政策決定会合は、金融及び通貨管理のためのガイドラインと日銀の事業実施の原則策定と、、審議委員と監査を除き、すべての日銀理事の義務を監督するの決定を担当しています。日銀理事は、政策決定会合のメンバーであり、そこには副総裁、総裁、監査、審議委員及び理事が含まれています。日銀金融政策決定会合の現在のメンバーには以下が含まれます:

  • Haruhiko Kuroda – Governor
  • Kikuo Iwata – Deputy Governor
  • Hiroshi Nakaso – Deputy Governor
  • Takehiro Sato – Board Member
  • Takahide Kiuchi – Board Member
  • Yutaka Harada – Board Member
  • Yukitoshi Funo – Board Member
  • Makoto Sakurai – Board Member
  • Takako Masai – Board Member

日銀の会合が開催される頻度は?

日銀の金融政策決定会合は、毎月少なくとも1回、時には2回開催され、その最初の会合は2日続きます。金融政策決定会合では、会合メンバーは次期会合までの期間の国の金融事業に対するガイドラインを作り、直近の金融及び経済についての日銀短観を策定します。毎月の2回目の会合は1日の開催となり、会合メンバー最初の回答で行われた決定内容のレビューを担います。政策決定会合のスケジュールは次の半年の毎四半期末にリリースされます。日銀は、金融政策決定会合を頻繁に開催し、年に8回のみの会合を持つ米国連邦準備理事会など、多くの他国の中央銀行よりも多く開催します。

次期日銀会合はいつ開催予定となるのか?

これから開催される日銀会合の日付を把握することは真剣なトレーダーにとって欠かせません。この一覧で2017年の日銀会合の日付の全てをご覧いただけます。

2017年の日銀会合の日付

January 31st
March 16th
April 27th
June 16th
July 20th
September 21st
October 31st
December 21st

日銀会合は外国為替トレーダーに関係がある理由とは?

大多数の投資家は、ファンダメンタル分析の利用で外国為替市場での成功を享受しており、日銀会合などの経済カレンダーの主要日付を予め把握することはトレーディング戦略を立てることを可能にするうえでかかせません。日銀政策けてい会合は円通貨やそれが世界中の他の通貨ペアとどのように相互作用するのかに影響を及ぼすため、日銀会合はトレーダーにとって重要であり、外国為替市場でトレードする者にとっては特にそうです。日本の金融政策への影響は、円が世界の主要通貨の1つとして認知されているため、世界の他の経済に対して波及効果を持っています。そのため、投資家に結果がはっきりするまで、この経済イベントの時期には市場のボラティリティが高まる理由は容易に分かります。投資家がその日付が発表される前に戦略の事前の準備を行うのに十分な時間がある場合は、成功するトレーディング体験となる可能性が高まります。

日銀会合のような経済発表でトレードするために戦略

経験豊かな投資家は、常に主要金融ニュースが発表される間近になると金融市場では急速な短期の銘柄の価格の動きが発生することを知っています。外国市場を考えると、これは特に当てはまり、特に発表が国の外貨準備や金利に影響を及ぼし、それが日銀会合を見るときのケースです。このイベントは、世界的な通貨ペアに大きな影響があるため、この時期に外国為替市場でトレードで成功したいと思うトレーダーは、市場における素早い動きを考慮に入れるトレーディング戦略を予め計画しておくために、その会合が開催される日付を認識する必要があります。

多くのトレーダーは、このボラティリティが高い時期にトレードを行うことを避けることにより、金融的なリスクを限定したいと思うのは当たり前ですが、市場のボラティリティを利用したいと思う多くのトレーダーもいます。この時期に外国為替トレーディングを試したいと思うものの、自分の資金をリスクにさらさずにうまくできる可能性の高い戦略を求めている投資家が利用することができるテクニックが少しあります。

ウィップソーテクニックは、経験豊かな投資家にとても人気であり、主要国経済の金利決定に関するものなど、主要なインパクトのある経済発表があるときの利用に適しています。こうした場合には、価格は非常に急速に上下動します。急に上昇すると、ショートがストップアウトとなり、下がれば、ロングがストップアウトになります。しかし、この知識を活用し、利益を出すことは可能です。カギは、2つの異なるトレードを行うことです:1つはショート、もう1つはロングです。これはちゃぶつきに至る動きの中間価格にできるだけ近くなるはずで、安全なゾーンのままでいるために10から15ぴっぷすのこの両方のトレードで利益確定することができます。価格が当初の例では上下に動いて重要ではなく、ストップをヒットしないため、ストップロスの設定を控えることが重要です。しかし、ちゃぶつきは簡単にストップに達してしまうため、市場はデータリリースの前に狭いレンジ内で動くことになっているということを覚えていることは重要です。ニュースリリースの前に価格が上下に動く場合、ちゃぶつきが起こるチャンスは少ないです。レンジの端でリスクを取ることになるため、できるだけ中間点に近くでエントリーするように注意すべきです。

Was the information useful?
BOJ会合に関する必須情報