エリオット波動理論 – 様々な種類の拡張波でトレードする

衝撃波には最小限の1つの拡張波があり、それは拡張される波動に基づいて分類されます。4種類もの衝撃波があり、それは全て拡張されている波動に関連しています。この記事の目的は、衝撃波の種類を正確に特定すること、そしてそれを解釈し、トレードする正確な方法はどのようなものであるのかを確立することです。全ての衝撃波について有効である限り、言及されてきたことに加え、様々な種類の衝撃波の分析は利益が出るトレードを見つけるためにさらに深くなる可能性があります。

衝撃波の種類

拡張波に基づくその重要性の順に、4種類の衝撃波があります:第3波延長型衝撃波、第1波延長型、第5波延長型、そしてダブル拡張衝撃波。その全ては外国為替ではあまり発生頻度がない第5波延長型とダブル拡張波がある場合、一般的です。

第3波延長型衝撃波

間違いなくどの5つの波動構造での拡張される最も一般的な波動は第3波動です。パーセンテージでこれを正確に言うことはできませんが、70%以上の衝撃波がこのカテゴリーに当てはまります。

第3波延長型衝撃波において、第3波動は最も長く、中でも際立つものです。ここで最小限の拡張は161.8%であり、通常、これは第2波動の終わりに追加される第1波動の長さのことです。第2波動に形成される調整の種類に応じて、第3波動はさらに動き、161.8%レベル以上になる可能性があります。 正確な解釈は、そのため、常に第2波動の構造に関わります。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

そうした衝撃波でトレードする標準的な方法は拡張でトレードすることです。もちろん、動きのトップやボトムを正確に選ぶことができないため、全体の拡張でトレードすることは極めて稀ですが、そのほとんどで十分なはずです。そうした衝撃波が日足以上の長い時間枠で形成されている場合、拡張波に乗ることにより多くのピップスを稼ぐことができます。

第3波延長型衝撃波は価格の動きがはっきりしてくるためトレードすることができますが、それに続く動きも解釈され、トレード可能です。経験則としては、第3波延長型が完成した後に、価格は常に第3波動の終わりに戻ります。結果として、新たなトレードが衝撃波が終わった後にも見つけることができます。

3rd Wave Extension Impulsive Waves

第1波延長型衝撃波

この衝撃波の名称で動く第1波動は最も長くなります。これまで衝撃波について、具体的には第3波動は最短の波動になるはずがないということを述べてきたことに戻りますが、それは第1波動は第3波動に比較して161.8%以上必ず長くなることを意味しています。

これを考慮に入れると、第1波動は拡張波であると言って差し支えなく、全体で5つの波動の構造は第1波動拡張衝撃波と称されます。そのようなパターンで、第2波動は、第1波動の領域までリトレースすることができないため、重要な役割を果たします。さらに正確には、第1波動の領域に最大38.2%–50%リトレースする第2波動を探してください。そういうことであるため、第1波動の長さの61.8%以下をターゲットとするトレードのエントリー、そして第1波動の50%のリトレースメントの下にストップロスを置きます。

そうした衝撃波に続く価格アクションは、第3波動の終わりに戻るだけでなく、第4波動の終わりのまでも動きます。これは、将来の価格レベルを予測することとなると、このパターンのパワーに関して多くを教えてくれます。

1st Wave Extension Impulsive Waves

第5波延長型衝撃波

これらの種類の衝撃波は極めてトレードするのは難しく、結果として、トレーダーは事後にのみ、それに気づきます。第5波動が拡張すると、トレーダーの大多数が間違った方向にはまっているため、マージンコールが発動されるということが良くあります。

予想するのが難しいという理由は第1の4つの波動の性質からくるものです。そうした混乱はトレーダーが反対の方向に価格が爆発するのを見るためだけに市場の反対側に並ぶということになります。しかし、第5波動は実際に形成されるときにトレードすることが難しい場合でも、それがい終わった後に、価格は常に第5波動の長さの最低61.8%リトレースするため、それをある程度うまくトレードすることができます。これは、この種の衝撃波をトレードする方法は、フィボナッチリトレースメントツールを利用し、61.8%を見つけるために第5波動を測定し、ターゲットに達するまで待つということを意味します。

5th Wave Extension Impulsive Waves

ダブル拡張衝撃波

その名称がほのめかす通り、これらの衝撃波は、1つではなく、2つの拡張波動を持ちます。ここで拡張される波動のみが第3と第5波動です。 第5波動拡張衝撃波に良くあることですが、市場がダブル拡張を形成するということを予め把握する方法はありません。これは、通常、トレーダーは最初にストップをヒットしますが、元のトレードを反転することにより全ての損失を回復するということを意味します。

ダブル拡張衝撃波は、第1波動の161.8%にほぼ等しい第3波動、そして第3波動の長さの161.8%にほぼ等しい第5波動を持ちます。 言うまでも無く、このパターンが見えてくる時に市場の反対側につかまると、生き残るチャンスは実際に少ないです。

Double Extended Impulsive Waves

これらは、市場が形成することができる全ての種類の衝撃波であり、その正しい解釈は、どの波動が拡張するのかを正しく解釈できるかどうか次第です。衝撃波は、特に外国為替市場や一般的な金融商品ではそれほど一般的ではないため、焦点は修正波やその種類、その構造、そしてそれをトレードする方法にあるべきです。

修正波動の事となると、それは多く、複雑であり、衝撃波は理解するのが難しい場合、修正波動はさらに混乱をもたらします。これはこうしたルールが成り立つ唯一の方法であるため、成功のカギは毎日の実践から来るものです。そして、全体のエリオット波動理論は意味のある結果を生み出します。

Was the information useful?
エリオット波動理論 – 様々な種類の拡張波でトレードする