日本の金融庁認可の外国為替ブローカー

外国為替トレーディングのことになると、居住する国において認可を受けた外国為替ブローカーの選択を検討することが重要になります。これは、自分自身と自分の投資を保護する最高の方法になるからです。しかし、関連する規制について把握することは見かけほど簡単ではありません。それが様々な監督官庁に関する記事を書いている理由です。どの国にいようとも、自国で金融サービスの監督を担当する監督官庁があります。あなたが日本に住んでいれば、監督官庁は日本の金融庁です。それは、日本の金融庁の認可を受けたブローカーを探すことが必要であることを意味します。

日本の金融庁は何を行うのか?

Japan FSA logo日本の金融庁は、国の金融システムの安定確保を担当しています。また、預金者、保険証書契約者及び株式投資家の保護も担っています。そうした責任を真剣に担っており、その目的は、民間セクターの金融機関の金融システム、監督及び検査に関する企画、政策策定及び株式取引の調査などの政策対応をおこなうことです。日本の金融庁は以下の事も行います:

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

日本の金融庁は、日本の財務省に対して義務責任を負っており、広範囲の担当業務でうまく機能しています。その本庁は東京にあり、全ての民間の金融機関を検査し、監督することを重点的に行うため、政府により1998年に設立されました。また、日本における金融サービスの安定性を管理し、市場操作を防ぐ責任を負っています。それは、非コンプライアンスの問題が発覚した場合の監視と調査の権限を有しています。日本の金融庁は元々、監督官庁として設立されましたが、2001年に日本の内閣府の外部代表になりました。金融再生委員会は重要性が低下し、失敗した金融機関に関する全ての側面がその責任にもなりました・

日本における外国為替ブローカーの規則と規制

スイス国民銀行がスイスフランのユーロへのペグを終わらせた昨年、外国為替市場は若干衝撃を受けました。ユーロのスイスフランへのペグは、EUR/CHFを1.2000の水準に維持するために元々行われました。ペグを防御する約束に併せて、そうしたアクションは多くのトレーダーに EUR/CHFのロングの注文を1.2000にセットするよう、促しました。残念ながら、ペグの維持コストは、大きく増加し、それが放棄されることに繋がります。数秒の間に、3000ピップス近くが失われました・そうした高いレベルのスリッページで、ブローカーやトレーダーはストップが除外され、大金を失うことになります。最大500倍のレバレッジを提供するブローカーでは特にです。外国為替市場でのこの混乱で多くの規制当局はレバレッジや証拠金を再考することになりました。日本の金融庁認可の外国為替ブローカーは、ブローカーがクライアントに提供することができるレバレッジ量を管理してきたため、うまく困難を乗り越えることができました。日本の金融庁は多くのその他の対策を導入してきました:

海外のブローカーは日本の投資家を募集することはできませんでした。– 日本は米国の例に従い、海外のブローカーが日本のクライアントを募集できないようにしてきました。益々多くの日本人投資家がトレードするために積極的に海外のブローカーを求めていると思われるため、金融庁が事を行うのは最も簡単なことではありません。日本人投資家は低い証拠金要件と高いレバレッジの優位性を利用するためにそうすることを選択しています。この問題に戦う取り組みにおいて、日本の金融庁は海外のブローカーが日本からクライアントを集めないように、他の監督官庁と協力しています。

日本の金融庁は、海外のブローカーに国内に支店を構えるよう促しています。 – 上記の点から引き続き、日本の金融庁は日本のクライアントを魅了したいと思う海外のプロバイダーに日本に支店を出し、金融庁の許認可を受けるよう促しています。

日本における外国為替トレーダーに将来、何が起こる可能性があるのか?

 日本の金融庁はその目的に向けて引き続き取り組んであり、現在、海外で認可を受けたブローカーが日本人のクライアントを集めることがないよう、他の監督官庁と連絡を取っています。オーストラリア証券投資委員会(ASIC)はすでに規制を施行しています。現在、外国為替ブローカーの最大の監督官庁の1つであるキプロス証券取引委員会(CySEC)は、日本の金融庁と協議を行っていますが、公式の宣言をするには至っていません。日本の外国為替トレーダーは、こうした進展状況に満足しているのでしょうか?それは選択肢が少なくなることを意味するため、満足しない可能性があります。数か月後、将来の状況は未だに明確ではありません。しかし、何らかの進展があれば、お伝えしようと考えています。

日本の外国為替ブローカーが日本の金融庁の認可を受けているのかどうかを確認する方法

外国為替ブローカーを選び、そのブローカーが金融庁の認可を受けているのかを確認したいときは、最初に確認すべき場所は、ブローカーのウェブサイトです。最初のページの下で通常、事業者の認可詳細情報を見つけることができます。もちろん、全てのブローカーをこれを行っているわけではなく、虚偽の情報を掲載しているブローカーがあります。それが、然るべき作業を行い、自分でチェックを行うべきであるという理由です。日本における外国為替ブローカーが金融庁の認可を受けているかどうかを確認するのは、金融庁の’ウェブサイトにアクセスし、詳細情報を求めるというシンプルなことです。そのプロセスは、リスト全体を見る必要があるため、他の監督官庁と同様に簡単ではありません。しかし、そのリストの閲覧に数分かけ、検討には十分時間をかけることができます。適切な許認可なしに金融商品ビジネスを行っていることが判明した名称、役員、企業のリストもあります。

Was the information useful?
日本の金融庁認可の外国為替ブローカー