エリオット波動理論 – ジグザグパターンの種類

ジグザグは、調整波動であり、3つの波動の構造となると考えられています。調整波動であるというのは、、それが文字a-b-cでラベル付けされており、数字ではないということを意味しています。ジグザグの美しさはa波動とc波動の両方とも衝撃波であり、一方、b波動は調整波動です。これは、全体のa–b–cパターンjは調整であり、その2つの部分は実際に衝撃波です!ジグザグは衝撃的な動きを表す唯一な調整波動であり、トレーダーはこうした2つのパターンを間違うことがよくあることは言うまでもありません。ある意味では、全体のジグザグ内で程度が低い2つの衝撃波が実際あるため、これが発生するのは通常の事です。 フラットパターンによくあるように、ジグザグは複数の種類もあります。それはフラットほどに多様ではありませんが、検討すべき3種類のジグザグがあります。

カギはC-波動です

フラットパターンのケースで、b-波動のリトレースメントは様々なフラットの種類を定義づけたものであった場合、一方、ジグザグについてはb-波動のリトレースメントは明確です。それは前のa-波動の61.8%を超えて終了しないはずです。それでもやはり、様々なジグザグの種類を差別化する唯一の要素です。前に進む前に、ジグザグにおけるc-波動は常に衝撃波であることを再度、考えてください。一般的なルールとして、c-波動がジグザグパターンでのb-波動よりも短くなることはありませんので、この選択肢は初めから排除すべきです。これに基づいてジグザグの3つの種類は以下の通りです:

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

C-波動はA-波動の61.8%よりも小さい

zigzags1これは、c-波動が前のa-波動の最後を超える時の最小の頻度の状況を表していますが、その61.8%以下です。もう1度、ゴールデンレシオは市場がどのような種類のパターを作るのかを判断するうえで必須であることが分かります。そうであっても、行うべき論理的なことは、a-波動の長さを測り、そこから61.8%を取り、それをb-波動の終わりから伸ばすことです。c-波動は必ず前のa-波動の終わりを超えて終了することと覚えておいてください。結果となる61.8%の測定された動きがそれに十分ではない場合、それは、全体のパターンは実際にジグザグではないことを意味します。この種のジグザグは、反対の方向に鋭くリトレースする必要があるため、本当に重要です。そのため、価格がa-波動の終わりを超えて動く時間まで、強力なカウンタートレンドの動きが期待されるはずです。カバーされる距離は、全体のジグザグの最低80%となり、それが全体のリトレースメントを超える場合が多いです。結果として、この種のジグザグは、価格がa-波動の終わりを超えて動くときまでにむしろ消えていくものであると、言っても大丈夫です。

C-波動の長さはA-波動の61.8%と161.8%の間にあります。

zigzags2これは間違いなく、最も一般的なセットアップであり、すべてのジグザグのほぼ90%はこのカテゴリーに当てはまります。それは一般的なであるため、そうしたジグザグは通常のジグザグと称されます。通常のジグザグをトレードするために、a-波動が完了する5つの波動の構造を探すべきです。これは、b-波動の最低1%のリトレースメントが続くはずですが(b-波動が継続する調整である場合、それがちょうど完了したa-波動の猟奇にまでリトレースすることを期待しないでください)、それは61.8%以上ではありません。本当は、b-波動が益々a-波動の領域に進めば進むほど、それは全体のパターンがジグザグになる可能性が少なくなります。そのため、38.2%以上50%のレベルまでのリトレースメントはあてにならないこととして受け止めるべきで、この時点から、テクニカル分析のイメージが他のパターンを考えることで影響を受けるはずです。a-波動とc-波動(2つの衝撃波)は構造や長さの両方において類似点があります。そのため、a-波動が第3波動のエクステンション衝撃波である場合、第5波動は同様なものになる可能性があります。そうしたジグザグをトレードするために、やるべき方法は利益確定をb-波動の上にあるa-波動の長さと同じに設定することです。ダブル、あるいはトリプルジグザグにおいてさえ、他の種類のジグザグではなく、通常のジグザグが形成されることをが期待されます。

C-波動はA-波動の161.8%以上になります。

zigzags3全体のジグザグが三角形(通常は収縮三角形)の一部であるときに、この稀な状況が通常起こります。そうしたジグザグは、三角形の全体の足か、その一部のいずれかです。ジグザグがダブルまたはトリプルジグザグの一部となる可能性が極めて高いですが、それが複雑な調整の一部となるのであれば、それはダブルあるいはトリプルコンビネーションになる可能性が高いです。この2つの複雑な調整の間に、最も可能性の高いか価格はトリプルではなく、ダブルコンビネーションを形成する可能性が高いです。a-波動が第3波動エクステンションのある衝撃波である場合は、c-波動が第5波動の延長衝撃波、あるいはる第3波動エクステンションとなり、非常に小さい第2波動を伴うものを探してください。衝撃的な動きにおける小さい第2波動は大きく延長した第3波動が続くことが一般的であり、これはc-波動がそれほど長い理由をうまく説明しています。全ての3種類のジグザグは、複雑な調整がいかに機能し、それがエリオット波動理論で分類されていたことを理解するうえで重要です。事実、ジグザグやフラットなど、これらは単純な調整も形成され、x-波動で接続されるため、単純な調整を理解することは、複雑な調整を理解する最初のステップになります。これまでのところ、フラットとジグザグのパターンの種類を見てきましたが、最も単純な調整がこれから続きます。三角形の種類とその解釈方法について説明しますが、これは外国為替トレーディングアカデミーのここでの次の記事の題目となります:収縮及び拡大三角形。

Was the information useful?
エリオット波動理論 – ジグザグパターンの種類