日本語日本語

リスクオフ Vs. リスクオントレーディング

リスクオフ/リスクオン環境は市場が一般的に特定のイベントをどのように見ているかに基づいて定義されます。さらに正確に言えば、特定のイベントに対する市場の反応を表し、この反応は1日、1週間、あるいはさらにかかる場合があります。通貨市場でトレードすることは、人間がロボットを追っている日々の認識が全てです。 そのため、イベントがいかに認識されるかが重要な役割を果たします。時に、市場は強いバイアスがかかっているため、経済リリースが一般的なトレンドにおいて重要とされず、反対のトレンドは当初のポジションに追加するためだけに利用されます。強いトレンドは外国為替通貨で相関関係の性質を持ち、これがリスクオフ/リスクオンの意味です。

リスクオフ/リスクオン環境を定義する

risk award ratio外国為替ブローカーはトレードされる複数の通貨を提供し、このペアは2つの主要カテゴリーに分けられます:主要通貨とクロス通貨。主追う通貨はUSD(米ドル)を含むものであり、クロス通貨はドルがそこに含まれない他の通貨ペアです。通貨ペアがこのように分けられる理由は、米ドルが世界の基軸通貨であるという事実から来るものです。これは、米国連邦準備理事会が策定する金融政策の動向が市場を激しく動かすということを意味しています。米ドルの役割がありため、通貨ペアは相関関係の持つ形で動きます。ドルが強気であれば、ドルペアは同じ方向に全て動き、ドルが弱気であれば、逆が妥当となります。しかし、これはリスクオフ/リスクオンの動きの実体ではありません。通貨市場に加え、株式や商品も関わります。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

リスクオフ環境でトレードする方法

リスクオフの環境は市場のセンチメントがネガティブであるものと定義されます。 そうした環境がある状況で、投資家やトレーダーはより安全であると思われる通貨で安全性を求めます。CHF(スイスフラン)やJPY(日本円)が安全な退避先通貨として見られるため、リスクオフのセンチメントの下で買われます。そのため、USD/JPYもそうであるように、USD/CHFは下落します。リスクオフセンチメントは米国株式指数も下方向に引き下げ、これが代わりに世界の株式市場を下方向に引き下げます。グローバリゼーションが金融商品を相関関係のある中で動くことは何も秘密ではありません。USD/CADは特にそうした状況で上昇する通貨ペアですが、この通貨ペアは原油市場の影響を受けます。これでその動きを予測するのが少し難しくなり、それは常にリスクオフセンチメントに伴うものではありません。古典的な例で直近の例は米国大統領選挙がん2017年の11月初旬にあった時に起こりました。トランプ氏の米国大統領当選が市場ではリスクであると認知されており、クリントン氏が選ばれることよりもそうでした。これで前述のとおり、トランプ氏に関するポジティブなリリースがあると、リスクオフ的な動きが絶えず起こっていました。そのため、この環境は選挙当日の夜までさえ、全体の大統領選挙に確定てきなことになっていました。しかし、トランプ氏の当確が明確になる時点で、市場はリスクオフのセンチメントではなく反転し、新たなリスクオンのセンチメントが支配的になりました。

リスクオン環境でトレードする方法

リスクオンのセンチメントは正にリスクオフの反対であり、それは市場が強気のモードにあることを意味します。株式市場がそれです!通貨ペアの観点から、上昇する通貨もあれば、下がる通貨もありますが、全体的なアイディアは米ドルはリスクを表すとして認知された通貨に対して買われます。一般的には、リスクオン環境は、上昇への動きとなるUSD/CHF、USD/JPY及び株式指数が相関関係の動きになると定義されます。一方、原油価格が上昇する可能性が高くなり、USD/CADは下落します。ここで、リスクオンとリスクオフの両方の動きは少し前には異なっていたことに触れておくことは価値があります。それはEUR/USD、GBP/USD、AUD/USD及びNZD/USDの上昇により定義され、一方、USD/CADはリスクオンのセンチメントにおいて下落しました。一般的には、米ドルはそうした動きで激しく売られました。これは、中央銀行が金利をマイナスの領域に下げ、型破りな金融政策の動きを取ったことから、近年変化しました。世界中で実施されてきており、未だに実施している量的緩和政策はこれまで知られてきた通りのリスクオン/オフのセンチメントをゆがめました。そうした政策の下で、中央銀行はインフレを生み出すアイディアである自国の国債買いを行います。市場はこの新たな現実に対応せざるを得ず、当時、世界中の多くの重要な中央銀行においてマイナス金利政策をとっていました。そうしたマイナス金利環境は、民間の銀行が実際の経済への融資促進を狙っていたもので、それで雇用を生み出し、経済成長を促すものでした。経済成長と共に、インフレも進み、これが起これば、中央銀行は金融政策を正常化することになります。しかし、その時まで市場は新たな現実に対応し、リスクオン/オフのセンチメントが定義づけされます。経験的には、リスクオフトレードはダッシュボード上での他の全てに対してリスクの高い通貨を売るということとして認識されます。こうした通貨はCHFとJPYです。

リスクオフの状況はパニック的なセンチメントが市場を設計している所で弱気であり、ネガティブなものです。一般的にパニック的な状況で、価格は強気な時よりも速く動き、トレーダーはとても素早く反応する必要があります。リスクが高いと認識されるイベントの前に、一般的には外国為替ブローカーはクライアントに対して、証拠金要件が高くなるということを知らせるメールを送信します。広いスプレッドも想定され、ストップロスや利益確定の注文は通常スリッページを伴って執行されます。リスクオンの動きの下で、センチメントは強気で、通常のペースで通貨ペアの動きとなります。結局は、強気の環境は常にポジティブなものとなると思われます。リスクオン/オフの観点から期待されることを把握するはトレーダーに優位性を与えます。これは相関関係をトレーディングすることはオーバートレーディングを回避する上で役立つため、回避しようとする時はとても役立ちます。

Was the information useful?
リスクオフ Vs. リスクオントレーディング