日本語日本語

豪ドルAUD



豪ドルと日本円の両方ともグローバルな外国為替市場ではメジャー通貨ですが、メジャーなペアでもなく、メジャーな商品ペアでもありません。日本とオーストラリアは、とても密接な貿易パートナーの関係がありますが、日本円は豪ドルよりも米ドルに対して強い関係があり、これは米国経済における変化がAUD/JPYペアに対しては大きな影響を及ぼすことを意味しています。大半の豪ドルペアにあるように、利益を上げる最もうまくいく方法は、商品価格の変化です。日本は産業に供給するヘビーコモディティ商品に大きく依存しているため、こうしたことはこの通貨ペアにとりわけ、よくあることです。断続的に、キャリーペアとしてこの2つのペアをトレードする機会もあります。

豪ドルとオーストラリア経済に関する事実

豪ドル、別名オージードルは、オーストラリアの通貨であり、3つの太平洋諸島の通貨でもあります:ツバル、ナウル、キリバス共和国及びココス諸島、ノーフォーク島、クリスマス島。豪ドルは、世界で5番目にトレードされる通貨であり、米ドル、ユーロ、日本円、そして英ポンドに続き、日々世界でトレードされる日々中でほぼ8%を占めています。オーストラリアはかなりの高い金利があることから、外国為替トレーダーに人気の通貨であり、その外国為替市場は比較的政府の介入がありません。

audjpy

オーストラリアもほぼ安定した政治システムと経済を享受しており、そのため、AUDは外国為替ポートフォリオの分散化を行う上で通貨の素晴らしい選択肢になります。もう1つの魅力的な要因は、豪ドルが比較的アジア経済に対して大きいエクスポージャーがあることです。AUDは1966年に世界市場にデビューしており、その金利は当初、GBPにリンクされていました。しかし、1983年に変動相場通貨となり、今日でもこの状況が続いています。豪ドルは、同国の金利が一貫して高く政府による介入が非常にすくことから、人気のキャリー通貨です。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

オーストラリアでは鉱工業の近年の落ち込みがあったものの、安定した活気のある経済があります。同国の経済は主としてサービスセクターが占めており、GDPのほぼ70%に寄与しています。鉱工業や農業も極めて重要であり、オーストラリアのGDPの12%程度を占めています。ほとんどのオーストラリアの製品は東アジア市場に輸出されており、第1のコモディティ商品輸出産品には原油、金、石炭、鉄鉱石及び天然ガスが含まれています。このことでAUDがトレードされる世界の通貨第6位となっています。

日本円と日本経済

日本は名目GDPでは世界第3位の経済を輸しており、購買力平価(PPP)の観点では第4位でもあります。JPYは外国為替市場でボラティリティの高い通貨であり、米ドルベースのGDPは大きく変動するものの、日本は同国の一人当たりGDPが38,000ドル程度で第2位の先進国経済を有しています。

日本は強い製造業経済を有しており、世界で第3位の自動車製造国です。また、最大の電子産業を有しており、世界で最も革新性のある国の1つであると称されています。今日、韓国や中国からの競争の高まりがあるため、日本の製造業はロボティクスやハイブリッド乗用車など精密、ハイテク製品に主として重きを置く傾向があります。

日本円は、日本の正式な通貨であり、米ドルとユーロに次ぎ、3番目に頻繁にトレードされる通貨です。米ドルとユーロ、そして英ポンドについで、それは国際的な中央銀行で人気のあるリザーブ通貨にもなっています。

長年、日本円の外国為替レートは、米ドルに固定されていましたが、1973年以来為替レートは変動相場になっています。日本経済は、銀、マグネシウム、そして金など、国内資源によってサポートもされています。現在の経済の需要を満たすこうした蓄えた十分な資源がありますが、日本は現代産業に必要とされる鉱物については他国に依存しています。

オーストラリアと日本経済に影響を及ぼすユニークな要因

金利などの標準的な要因がAUDの為替レートの決定において主要な役割を果たしますが、オーストラリアに独自の他の要因もあります。それには以下が含まれます:

日本経済に影響を及ぼすユニークな要因もあります。それには以下が含まれます:

Was the information useful?
豪ドルAUD