DMA/STP外国為替ブローカー

初心者外国為替トレーダーには多くの様々なオプションがあります。その全てが何を意味するのかを理解しなければ、混乱になりかねません。そのため、しばらくDMA/STP外国為替ブローカーを見ていき、これが1つのオプションになるかどうかを判断するのに十分な情報を提供します。

外国為替市場に関してDMAとは何か?

DMAはダイレクトマーケットアクセスを表します。そして、これは自分のトレーディングに利用する選択を行えるブローカーの1種です。DMA外国為替ブローカーを利用すると、クライアントは主要外国為替銀行やマーケットメーカーと直接トレードすることができます。この方法でトレードすることで、ディーリングデスクを利用せずに特定時に市場で受け得る最高の価格を受ける機会が提供されます。

DMAの意味を完全に理解するためには、どのように値付けが市場でなされるのかを見るのが最善です。そして、注文の処理や結果としてプラットフォーム上にトレードのポジションがどのように表示されるのかということです。

DMAはどのように機能するのか

dmaプロセスの最初のステップは、プラットフォームに表示される価格についてです。様々なDMA外国為替ブローカーのプラットフォームに直接価格を流す流動性プロバイダーとしても知られる多くの銀行があります。トレーダーは提供される市場の深さのみならず、こうした価格を見ることができます。注文が受け得る最高の価格で流動性プロバイダーに対して通ります。しかし、DMA外国為替ブローカーの側で小さな価格つり上げがあります。注文が流動性プロバイダーのサーバーにヒットすると、注文が通ります。これが市場の執行と言われます。明らかに価格は市場では非常に速く変化する可能性がありますので、執行価格はその注文が通った時に必ずしも見えない場合があります。変化するスプレッドやインターネット接続のスピードもトレードが執行された後にどの価格が表示されるのかに影響を及ぼす要因です。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

DMA外国為替ブローカーが提供するもの

DMA、ECN、STP –  これら全ては同じことか?

DMA外国為替ブローカーの説明を読んだ後に、ECNまたはSTPブローカーと同じモデルを提供していると考えて良いでしょう。僅かではあるものの、実際は若干の違いがあります。全てのECNブローカーはDMAを提供していますがこれは全てのSTPブローカーに対する者とは同じではないことも指摘すべきです。

DMA/STP外国為替ブローカーとDMA/ECN外国為替ブローカーの間にも違いがあります。これらの違いは、スプレッド、料金、執行及び入金要件の観点で明白です。

DMA/ECN外国為替ブローカーは手数料が課されないため、DMA/ECN外国為替ブローカーよりも安価な手数料体系です。その代わりに、ブローカーは流動性プロバイダーの価格を上げて表示することにより、お金を稼ぎます。DMA外国為替ブローカーは時にトレーダーが月毎に特定の取引量が無い場合に、月額料金やペナルティ料金を課す場合があります。

DMA外国為替ブローカーを利用する賛否

DMA外国為替ブローカーを利用する若干の優位性があります。

さて、不利な点についてです:

DMA/STP外国為替ブローカーとSTP外国為替ブローカーの違い

通常のSTP(ストレートスループロセッシング)ブローカーは、クライアントの注文を通し、そのブローカーの流動性プロバイダーでその注文をヘッジします。STPブローカーはこのヘッジング操作で利益を上げようとします。それは、注文依頼が出された時点でブローカーにより、利益が上がらない場合、トレーダーは再クオートを経験することを意味します。

DMA/STP外国為替ブローカーを利用すれば、クライアントの注文が直接、流動性プロバイダーに通り、ブローカーの若干の値上げ分を足して、できるだけ良い価格で満たされます。この注文の取引方法がマーケット執行と呼ばれます。そして、全ての注文がクリックした時のできるだけ良いレートが通ります。

DMA/STP外国為替ブローカーの優位性

DMA/STP外国為替ブローカーは最高のビッド/アスク価格への直接のアクセスを提供します。通常のSTPブローカーと比較すると、多くの優位性があります:

マーケット及びインスタント執行に関して混乱している方への最後の断片的情報。

インスタント及びマーケット執行の違い

マーケット執行 – これは、注文執行の透明性のある方法です。注文は市場に行き、流動性プロバイダーからの利用できるクオートに基づいて通ります。DMA 及びSTPブローカーはその利益となる若干の値上げ分があります。

インスタント執行 – これは注文執行のはるかに透明性が少ない方法です。注文は市場にはいかず、その代わりにブローカー側で引き受けられます。そして、ブローカーは自らのリスクを流動性プロバイダーと相殺したいかどうかを判断します。通常のSTP外国為替ブローカーは時として、インスタント執行を利用してクライアントの注文を通し、そして利益を上げるためにこうした注文を流動性プロバイダーでヘッジします。トレーダーが注文を出した時に利益が十分ではないと感じる場合、それは再クオートを経験しているはずです。

Was the information useful?
DMA/STP外国為替ブローカー