エリオット波動理論での複雑な調整

外国為替トレーディングアカデミーでの前の記事では、シンプルな調整とb波リトレースメントレベル及びb-dトレンドラインのブレイクに基づいて実際にトレードする方法を扱っていました。しかし、シンプルな調整は実際に大きい度合いの個々の調整ではないように見えるため、トレーダーは複雑な調整を扱う準備をすべきです。複雑な調整は、最大2つのx波や介在するx波でつながれたシンプルな調整(ジグザグ、フラット、トライアングル)から形成されます。複雑な調整を正確にラベル付けするカギは、この接続するx波とそのリトレースメントから出てきます。

複雑な調整のタイプ

エリオット波動で識別できる多くの種類の複雑な調整があり、始め方はそれを2つのカテゴリーに分けることです。こうしたカテゴリーは、複雑な調整での最初のx波がどの程度前の調整の領域にリトレースしているのかで決定されます。それは、初めから終わりまで、最初のa-b-cの構造を効果的に測定し、x波の終わりが来る場所を見るべきだということを意味しています。そのx波が全体の最初の調整の61.8%以上で終われば、形作る複雑な調整は大きなx波を持つものと言えます。一方、61.8%リトレースメントレベル以下に終わるx波は、小x波のある複雑な調整の一部です。大まかなやり方としては、複雑な調整がトライアングルで始まることはあり得ないため、利用できる2つのオプションはジグザグとフラットパターンのみです。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

小X波動での複雑な調整

このカテゴリーに当てはまるパターンは前のa-b-c構造(ジグザグまたはフラットのいずれかになりえます。)の61.8%以下でリトレースするx波を持ちます。そうしたパターンは大きなx波での調整よりもずっと一般的であり、そのため、トレーダーがマスターするのは必須です。

ダブルコンビネーション
その名称がほのめかすように、ダブルコンビネーションは実際、小さいx波で接続されたつのシンプルな調整波の組み合わせです。複雑な調整はトライアングルで始まることはない事実を考えると、我々が持つ唯一の可能性は以下の通りです:

ダブルコンビネーションはほぼいつでもトライアングルで終了しますので、他のものは全く稀なものであると解釈されるべきです。それは通常ベースで外国為替市場で見つけることができるため、全く稀というのは、そういう形にならないということを意味していません。

complex corrections5

トリプルコンビネーション
これで、トリプルコンビネーションがダブルコンビネーションが完了した後に続くもう1つの調整を持つというのが明確になっているはずです。しかし、これは介在するものである別のx 波が形成される前に来るものではありません。その全てのここで列記はしませんが、トリプルコンビネーションの複数の種類があります。すべきことは、全ての可能性を見つけるために、フラット、またはジグザグのいずれかで開始し、シンプルな調整を組み合わせるだけです。ダブルコンビネーションの場合がそうであるように、トリプルコンビネーションは常にトライアングルで終わるため、それを検討すべきです。典型的なトリプルコンビネーションは以下の画像のように見えます。

complex corrections6

ダブル及びトリプルジグザグ
名称がほのめかすように、小さいx波により接続された2つのジグザグがある場合、市場はダブルジグザグを形成すると言われます。さらにトリプルジグザグには2つのx波と3つのジグザグがあり、これは市場が形成する最も強力な調整波を表します。ダブル及びトリプルジグザグは、トレーダーはそれを間違って解釈することが多いのですが、衝動的な動きを表します。調整波の間には何も変更がないという事実は、実際の動きが調整的で衝動的ではないということを教えてくれるのに十分です。

complex corrections3

ダブルとトリプルフラット
これらのパターンは稀なものですが、それは外国為替市場で形成されます。以下のもののように見える典型的な表示である1つまたは2つの小さなx波で接続された2つ、または3つのフラットパターンについて説明しています。

complex corrections4

大きなX波動での複雑な調整

そうした調整波、最初のa-b-cの61.8%以上リトレースするX波を持つものであり、それは中々用心しなければならないものです。エリオット波動論はここの2つのサブカテゴリーを識別しました:進行する調整と通常のもの。

連続する調整
大きなx波での最も一般的な調整は進行するタイプです。進行するという言葉自体は、調整が前回の衝動波の終わりの上か(強気トレンドの場合)、その下で(弱気のトレンドの場合)終わります。その調整は衝動波の第2波として、またはジグザグでのb波としての最も多く現れます。衝動波における第2波として進行する調整の古典的な表示は以下に示されています。

complex corrections1

通常の調整
それは最初のa-b-cの61.8%以上リトレースしているという意味でx波は大きなものですが、全体の調整の終わりは、最初の波(調整が衝動波の第2波である場合)の領域、またはa波(調整がジグザグのb波である場合)の領域に入ります。稀な状況ではあるものの、そうした調整波が衝動波での第4波を形成することが可能です。その理由は、大きなx波での調整後に、市場は通常反対の方向に爆発するという事実があるからで、それは、衝動波での拡張第3波、またはジグザグでの大きなc波のいずれかが続きます。

complex corrections2

この記事は複雑な調整の可能性を示すだけであり、それを正しく使い、トレードを行うために、さらに引き続き分析を行う必要があります。そうした分析は、適切にトレードし、それを解釈する方法に関してさらに詳細内容を把握していくために、ここの表記した全てのパターンを考える必要があります。

Was the information useful?
エリオット波動理論での複雑な調整