日本語日本語

EUR/JPYのトレーディングへのガイド


外国為替トレーディングにおいて、経験豊かなトレーダーと初心者トレーダーの両者にとってトレーディングに最も人気の通貨ペアの1つはEUR/JPYペアです。日本円とユーロは世界の外国通貨取引市場における毎日の全取引のほぼ3%を占めており、重要な通貨ペアであり、EUR/JPYペアは実際に世界の全ての通貨で7番目に最もトレードされるペアです。これは、金融市場でこの通貨の興味深く、ボラティリティの高い性質があるため、人気のペアとなっています。トレーダーはこのペアでトレードし、このペアをスキャルピングを好むトレーダーにとって特に適しているものとなる時に、短時間に大きな利益を上げることができます。過去には、そのボラティリティは、その歴史においてほぼ210ピップスに達していたほどです

日本円へのガイド

円は日本の通貨であり、米ドルとユーロに次いで世界で3番目に広くトレードされている通貨です。それは、米ドル、ユーロ、そして英ポンドに続き4番目にリザーブ通貨でもあり、外国為替市場においては最も安定し、強い通貨の1つです。直近の10年には、日本政府は低金利政策を維持してきており、トレーディングするこの通貨の魅力に加えています。日本経済は、世界中で良く知られており、ソニー、本田、そして日産など最大で最も良く知られている企業を有し、主として輸出ベースです。この国の経済活動のほぼ半分は輸出から来るものであり、円は政府により相対的に弱く維持されており、海外の販売を奨励するためにこれを行うことを好んでいます。この目的に、国の中央銀行である日本銀行(BOJ)は通貨安に維持することにより、日本企業は海外での貿易で優位性を維持できるよう対策を取っています。円は他のアジア通貨の大半に対して参照ポイントとなっています。例えば、中国元は再評価される場合、円が続きます。特に貯蓄率が現在-1%にある米国に比較して、日本には比較的高い貯蓄率もあります。そのトレードを執行する前に注意しているトレーダーが密接に注意すべき多くの重要な日本のデータレポートがあります。これには、日銀短観、東京地域の消費物価指数、そして日銀の金利決定などが含まれます。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

欧州連合とユーロ

欧州連合(EU)は13兆ドル以上のGDPを有する世界最大の経済圏を表しています。GDPの大半の部分はアメリカ経済においてみられるものよりも製造で表されますが米国のように、欧州連合の経済はサービス産業に重きを置いています。全体では、EUの経済活動は強い時は、ユーロ通貨高となり、EUの経済が停滞する時はいつでもユーロ安になります。ユーロは1国以上を表す金融市場におけるユニークな通貨です。ユーロ通貨でカバーされるヨーロッパエリアユーロ圏、ヨーロッパ経済通貨統合 (EMU)として知られています。1つの通貨がユーロ圏内で16か国もの国に適用されており、現在の加盟国は

eu

当然、連合の将来の方向と経済的な問題への政策対応についてEU内の様々な国の政府間で時折合意がないことがあります。こうした期間に、一般にユーロ安となります。

どのような要因がEUR/JPYペアのトレーディングに影響を及ぼしますか?

日本円とユーロ間の影響を及ぼすことになる多くの要因があります。それには以下が含まれます:

Was the information useful?
EUR/JPYのトレーディングへのガイド