通貨ペアの相関関係

currency pairs correlations外国為替市場はその動きから利益を得るために通貨をトレードすることを関わっています。これは、世界最大で最も流動性のある市場であり、通貨はトレーダーが売買することが出いる通貨ペアにグループ分けされます。それでも、それは、トレーダーが通貨自体ではなく、実際に通貨ペアの売買を行うことを意味します。それはトレーダーが運用中、運用したいと思っているポジションを意味するときでさえ、現実には他の通貨に対してユーロを買っている時でも、彼らはユーロ買いや米ドル買いなどと言っています。例えば、 EUR/USDEUR/JPYが下落し、EUR/GBPが上昇し、特定の日にまちまちの状態で通貨としてのユーロがトレードされる場合があり、そうした違いは極めて重要です。 上記の3種類の通貨ペアでは、ユーロは、米ドルと日本円に比較すると弱気であり、英ポンドと比較すると強気であるということです。そのため、ユーロ全体としてはそのトレーディングの日にまちまちでした。正に上記と同じことが、ある任意の通貨について有効であり、通貨ペアに適用されます。しかし、それに加え、様々な相関関係に基づく通貨ペアトレードはお互いに、他の金融市場に対しても程度が異なります。外国為替市場トレーディングアカデミーのここでの他の記事で説明した通り、通貨ペアはメジャー通貨とクロス通貨にグループ分けされ、これが主要分類となっています。メジャー通貨ペアをトレードすることはクロス通貨ペアとは全く異なり、それを知っていることで、トレーダーは正しい利益期待を持つことのみならず、戦略の観点の両方から正確にポジションをとることができます。

相関関係のある市場をトレードする

通貨ペアは、様々な市場と称される場合が多く、考慮すべき様々な相関関係があります。こうした相関関係は、他の金融商品のみならず、通貨ペアの両方を検討し、以下に主要相関関係のカテゴリーのみならず、トレード方法と利益を上げるために検討すべきことについてのコツや技があります。

最高外国為替ブローカーリスト

Broker Min Deposit Welcome Bonus Rating
forexcom logo $ 50 Check Website ★★★★★

Review

2つのメジャー通貨と1つのクロス通貨

通貨市場は米ドルを中心に構成されているため、優勢な米ドルを含む通貨ペアはメジャー通貨、そして他の通貨ペアはクロスペアと称されています。上記のように、メジャー通貨やクロス通貨をトレードすることは全く別のことであり、それに加え、メジャー通貨ペアに対して動き方に影響を及ぼすクロスペアがあります。それを表すために、事例を見てみましょう。これについてはEUR/USDとGBP/USD(つまり2つのメジャー通貨ペア)と対応するクロス通貨ペアのEUR/GBPを参照してみます。この2つのメジャー通貨ペアに対応するクロスペアーを見つけるためには、単に式から米ドルを取り去ると、結果としてEUR/GBPが残ります。この3つの通貨ペアに影響を及ぼす経済イベントは米国、ユーロ圏、そして英国で起こります。経済ニュース自体はこの3つのペアの内最低2つの通貨ペアに影響を及ぼす場合があります。しかし、相関関係がある形でそれをトレードする方法があり、これは米ドルが動き、米ドルで動意づいたイベントがニュースに出てくる間際の時に行います。米ドルの動きでは、EUR/USDとGBP/USDのメジャー通貨ペアは同じ方向に動きます。そのパーセンテージが同じ場合、EUR/GBPクロスペアはほぼフラットのままとなるか、ほどんど動きません。言い換えれば、米国で行われる重要な経済イベントの前に、トレードする方法は、クロスペアに投資し、ニュースが行きわたるまでメジャー通貨ペアを動いたままにしておきます。このように、米ドルを取り巻くボラティリティを避けて、そのリスクを管理し、それほど動くことはなく、レンジに留まると思われる通貨ペアをトレードします。買われ過ぎや売られ過ぎのレベルを見つけるためにオシレーターを利用してトレードすることは安全なリターンを得るための技を駆使することになるはずです。

JPYペアと米国株式市場

JPYペア通貨と米国株式市場、すなわちダウジョーンズとS&P500株式指数の間には直接の相関関係があります。ある時点で、この相関関係は強くなるため、ダウジョーンズが動たすべての2つのポイントに対して、USD/JPYが1ピップ動きました。当時、この相関関係はそれほど強くはありませんでしたが、トレーディングに影響を及ぼす経済リリースがないときに確かに知れはそこにあります。トレーダーは、これは、米ドルイベントがやってくるときにタフな選択を迫られるため、トレードするにはとてお難しい相関関係であることを知っています:イベントがドルに対して強気な場合、USD/JPYを買い、米国連銀がやってきて利上げを行っている裏で株式指数を売るべきです。利上げは株式に対してネガティブですが、通貨に対しては強気となり、上記ロジックが納得できます。しかし、このロジックが先に説明した直接的な相関関係で破られることも多く、そのため、米ドルが起因となったイベントでこの2つの市場をトレードすることはかなり油断できないものとなります。

USD/CADと原油市場

カナダ経済は国内総生産(GDP)の大きな割合が原油産業に関係しているため、原油市場で起こっていることに極めて影響を受けます。原油価格の変動、生産レベルそして全体の需給チャンネルの混乱はカナダドル、つまり、カナダドルを最も表すメジャー通貨ペアであるUSD/CADペアに大きな影響を及ぼします。原油に対するポジティブなニュースがカナダドル高で対応され、USD/CADの下げの動きを伴うはずであり、一方、原油のネガティブなニュースはUSD/CADレベルの上昇が結果として続きます。通貨ペア間、あるいは通貨ペアと他の市場間の若干の相関関係の例があり、それは数年前も有効だったように最近でもかなり有効です。リスクオンやリスクオフ環境など検討すべき多くのその他の事がありますが、こうしたことは主要経済の金利がとても異なる事実から、最近消えました。

外国為替市場でトレードを始める前の検討するこうした相関関係を理解することはどの口座にとっても極めて重要です。さらに、それが成功するトレーダーとそうでないトレーダー間の違いを生みます。

Was the information useful?
通貨ペアの相関関係